情熱

最近、自分自身のことを「冷めているなぁ」と感じる事が多い。
例えば人から何かを言われたとする・・・
後から思い出してよ~く考えてみると
とっても失礼な言葉だったりすることってたまにある
(そういうときって言った本人も気付いていない場合が多い気がしますが。。。)

昔、といいますか・・・
つい最近迄は頭に来てカーッとなって怒っていた。。。
でも、最近は、本気で怒れない自分がいることに気がつく。
(物事の度合いにもよるのだろうけれど)

これは良いことなのか、悪いことなのか、正直なところ分からない。

でも確かに言える事は、本気で怒れない場合は『どうでもよい』と思っていることが多い。
ということは『どうでもよい』と思っている事が多くなっているということなのか???


それは嫌だなぁ。。。


++++++++++


物事の全てに熱を注ぐ訳にはいかない
情熱を持てないのであれば、辞めた方が良いと思う

それにあまり配分上手な人になりたいとも思わない
ぶきっちょでも良いから、やると決めた事は
情熱を持って挑める臨める人でありたい


情熱を持って挑む姿は、周りに伝わると思う
言葉で説明するよりも伝わっているということもあると思う。。。

その反面、情熱のない姿も、周りに伝わると思う。
どんなに言葉を積んで飾ったとしても、見えて来ると思う。


最近、発表会や韓国公演、その他の色々な出来事を通じて
良い意味でも悪い意味でも「情熱」を持って物事に挑むことの大事さを感じた。
当たり前と人はいうかもしれないけれど・・・

いつも「情熱」を持って挑むということは
そんなに容易い事ではないのかもしれない。
惰性で動いてしまうこともあるだろう。

惰性で動いている時は、きっと心の中では分かっている
どうしたいのかも実は心の中では分かっている



大人だから「責任」があることで動かねばならないときもある
いつも情熱・・・は実は難しい

でも、情熱を持った人でありたい



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

かおり
2009年06月03日 23:14
すごくささり、すごくそうそうとも思いました。どう言ったら一番いいのかとずいぶん悩み、結局頭悪すぎてあまりいいコメントでないのかなとも思ったのですが。。。
私の彼は私がギャーギャー言ってもほとんど怒りません。それってどうでもいいと思われてんのかなとも思ったのですが、彼曰く、「オレはストライクゾーンが広いんだよ」と。最近思うんですが、絶対にコレってものがはっきりしてくると意外とそれ以外はどうでもよくなる気がします。それは無関心とかではなく、それこそストライクゾーンが広ってるんだと感じます。心が決まってない時は降り掛かるいろんなことにいちいち感情が揺れますが、いっこ気持ちが決まるとぶれないなぁと感じます。ゆえに我が家は最近ストライクゾーンだらけのゆるゆる家族と化してきました。でも、悪い感じはしません。
情熱のあるひとほど意外とゆったりしてるのかなと思います。先生は私にとって十分熱い方です!私がディレクターなら絶対特集組みます、『情熱大陸』!
ふざけたコメントですみません。不必要と思われたら消して下さい。
あんな
2009年06月04日 13:30
ストライクゾーンが広い…かぁ。なるほど。
要するに「ゆとり」というやつですね。
物事は考えよう…とも言えますな。
そういう風に考えれば確かに。
「まっいっか!」と感じたんだ…とも思える。

私もゆるゆるな人にはなりたいですな。
「熱く」「ゆるい」(笑)!!!

ありがとう。

この記事へのトラックバック