ダンコレ

すっかり、金曜日はダンスを観に行く日になっているなぁ・・・と思う。


昨日も横浜ダンスコレクションEXのコンペティション作品部門を観に
またしても横浜赤レンガ倉庫1号館へ(笑)

そのコンペティションは3日間に渡って11組出場するらしいのですが
私が観た昨日は4組が出場。
なんとそのうち2組が知り合いが出場ということもあって
これは観に行かなきゃ!
と、チケットを手配して頂いた訳です。はい。


で、内容と致しましては。。。


ああいう風に羅列された作品達を観ると極端に「好き」「嫌い」がはっきりと
分かれてしまいますよね。


●一つ目は、うーん・・・作品がどんどん進むにつれ収集がつかなくなってしまって
何処に行くんやろうと思ってしまったら溜息が連続して出てしまった。


●二つ目は、知り合いのS木Aイリちゃんのソロ。
前半はとても良かったと思う。
ただ後半、観客の心をもっと掴むようなダンスに発展して欲しかった
というのが、私個人的な感想かな。
一つのモチーフを大事にして進んでいっているのは伝わるし何処かに向かっている
のも、伝わって来た。ただし後半では、ひっくり返すのか、観客を裏切るのか
はたまた物凄まじい迫力で観客を鷲掴みにするのか
もうひとつ「スパイス」が欲しかった・・・ように思う。

ま、いつも作品では、ダンサーに過酷なことをさせてしまう
私だからそう思うのかもしれないですが。。。


●三つ目は、これまた知り合いのRくん、Nオトくん達4名の作品。
これは一言で言うなら清々しかった。
Rくんの特徴からお笑いで行くのかなと思って観ていた。
勿論、プッと吹いてしまう瞬間はあったけれど
笑いを取ることが目的ではなかったみたい
そこには留まらず、自分たちの言葉にはならないドラマを展開していたように思った。

時に可笑しく、時に切なく、そしてちょっぴり恐くなってしまう瞬間もあった
そんな時間の流れの中で必死に前に進む若者達の姿が描かれていたように思う。

前に進んでは、後退し、ぐるぐる廻っては振り出しに戻ったり
繰り返されていくドラマ。
そんなものを観た気がします。

とても清々しかったし。好感が持てました。


●四つ目は、これが凄かったかな。
何が凄いて、現れた女性ダンサーの身体。
顔ちっちゃ! 手長っ! 足蜘蛛みたいに長っ! お人形さんのように可愛い!
これだけ揃っていたら、もう「それだけでじゅうぶんだ・・・」なんちゃうのん?
なんて思ってしまった・・・それくらいに美しい女性ダンサーだった。

淡々と紡がれていくムーブメント。
無色透明な動きと空間。
それが時間とともに、少しずつ色、形共に変化していく
動きも大きくなり、少しだけ激しくなったり
でも、基本は淡々と

それだけだと・・・
こんなに時間を紡いで来て・・・どうやって終わっていくつもりなんだろう
なんて、思ってしまいそうなんだが

なんせ、その妖婉さと美しさと…ムーブメントの品やかさで
なんか見入ってしまうのだった。。。


きっと賞を受賞するのは、こういう作品なんだろう・・・
なんて少し過った・・・わたくしでございました。




なんやかんやと綴りましたが・・・
観に行って思ったのは。

若いもん、皆頑張っているなぁ~と次の世代のエネルギーなんていうものを
感じることが出来たかな・・・ということでしょうか。


ええこっちゃ!心からそう思いますわ。


私も頑張ろう。


という金曜日でした。


来週は吉祥寺にルーデンスを観に行く。
きっとええもん観れるでしょう。


金曜日はダンスを観に行く日・・・だなっ!(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

まさ
2011年02月13日 02:05
若さはいっしゅの武器ですよね~うれしい顔
若いエネルギーが弾けていると元気を貰えますほっとした顔

芝居にしろダンスにしろ音楽にしろ若者は弾ける瞬間がある猫2
その瞬間を見ると活力をもらえるうまい!女性は微笑ましいなぁと母性が働くのだろうかほっとした顔

それが年を追うごとにいろいろな変化を見せ艶っぽさが出てくるほっとした顔
それもまたなんとも言えないドキドキとした感覚を与えてくれるうまい!

完璧に熟すとその存在に安心感、ぬくもりを感じることが出来る猫2

芸術って奥が深い(笑)ウッシッシ
あんな
2011年02月15日 12:32
■まささん
そう若さは武器!
そして、熟した経験も武器!
要は、いかに大事に人生を活きているかですな。

この記事へのトラックバック