レベルのはなし

先日からクラスのレベル分けについて考えている事を
何度もお伝えして来ているのですが…


『Dansage』というスタジオが、どんな性格のスタジオで、どんな役割があって、どんなことをするスタジオなのか・・・ということを考えてみたんですね。


客観的にみて「Dansage」はプロを育てるスタジオではないということは間違いないと思うんです。

それよりは、プロになりたい訳ではないけれど
仕事を持ちつつ、時間のある時にダンスをし
心豊かになりたい、とか・・・

どうしてもダンスが好きでとにかく踊っていたい、とか・・・

身体を作りたいとか、運動不足やストレス発散の為、シェイプアップの為、または幼い頃夢だったダンスする事を大人になってからチャレンジしたくなった、とか・・・

或は仲間と一緒に踊りたいとか・・・

或は競争の激しいダンスの世界でちょっとほっこりしたくてとか・・・

そういう人達の為のスタジオだと感じているんですね。(実際にそうですし)


そして私としても・・・
ダンスする人を増やしていきたい、ダンスを観るお客様を増やしたい、裾野を広げたいという思いがあって・・・
やはり役割としては『ダンスの第一歩』を踏み出して頂くスタジオであると思うんですね。

プロになりたい訳ではないけれど
舞台に立って作品を踊ってみたい
時には、自身の感じるままに作品も作ってみたい

と、いう方々と毎日接していると感じています。



そんなこんなを思ってみると「中級」というクラス(あくまで私のクラスね…)は
スタジオが向かっている方向に逆行しているのではないか・・・
そんなことを感じてしまう事があるのです。

(何度も言いますが、他の先生はよいのです)



木曜日のダンスベーシックの皆さんが日に日に上達しているのに
更にチャレンジしようと思うクラスが
平日夜には「中級」しかない・・・のは

やはりこれではいけない・・・と思ってしまう訳です。。。


7月からは、クラスがコンパクトになり若干増えますし
8月からは、私のコンテジャズも久々に復活します
選択肢は増えると思います。。。

だから安直に答えを出すものではない・・・とは思います。


でも、初心者クラスと初級クラスは同じ位充実させる必要がある・・・と常に考える訳です。


月一スペシャルクラスで「ダンス初心者の為のインプロビゼーション」というクラスを
やらせて頂いておりますが、あれは本当に出会いの場になっていて
『ダンスの第一歩』を踏み出して頂くスタジオになれているなぁ・・・と感じる


このことは本当に大事にしていくべきだと思います。


と反対に「中級」クラスにはスタジオに長くいらしてくださっている方々がいて
その方々も本当に大事。


だから難しい。安直に答えは出せない。


でも考えてばかりで悶々とするより

私が思っている事を表に出しても良いのではないか?

「Dansage」の杏奈さんが何を思い考えているのかを
このブログを読んでくださる皆さんに
お伝えしても良いのではないだろうか

と、思ったんですね。


そう、、、今こんなことを考えています。。。


例えば、コンテ中級は全て廃止にして
「初級1:1時間半クラス」「初級2:2時間クラス」にする
勿論、内容も現在の中級よりもシンプルでスローペースにする


ホートンに関しては、土曜日は「初級」にすべきかな・・・と。



むぅ。考え始めるとエンドレスだ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

まさ
2011年07月04日 17:44
いろいろな可能性を試すのは非常にいいことですが、あっちへふらふらこっちへふらふらだと生徒さんも困ってしまいますよね冷や汗
ダンスだけをやっている人ではないですし、できれば長く続けたいと思う人がほとんどでしょうしウッシッシ
ある程度固定させたものはほしいような気がしますほっとした顔
あんな
2011年07月04日 21:15
貴重なご意見有難うございます。
仰る事は大変良く理解出来ます。
今はスタジオが変わる時なのかなと思っています。

あっちへふらふらこっちへふらふら

にならないようにしたいのですが、どうしても「変化」というものは起きてしまうのです。こちらとしても努力しているところではあります。
可能なものは…出来るだけ固定してやっていく努力をこれからもして参ります。

★通りすがりさん★
2011年07月05日 02:30
> まささん
ダンスだけをやっている人ではない…からこそ中級について考えてしまうとこのブログで言っているのでは?

この記事へのトラックバック